解体工事をするために見積もりをする方法

記事

解体工事をするためにはどの程度の費用がかかるか知りたいもので、見積もりをすると項目別に分かるため金銭計画を立てやすいです。見積もりは同じ現場でも作業内容やかかる費用が業者によって異なり、比較してから最適な方法を探さないといけません。

どのような流れで見積書が作成されるのか

建物の解体工事をするためには業者ごとに見積書を出してもらいますが、明確なときとそうでない場合があります。解体費用は明確なときは単価と坪数で計算され、広くなれば高くなる仕組みです。

逆に、不明確な場合は担当者の経験と勘で作られるため、同じ内容でも業者によって変わってきます。建物は解体をすると不要な廃棄物が発生し、運搬や処分をするために費用がかかります。

運搬費用はそれぞれの廃棄物の種類ごとに単価と重量をかけ合わせますが、解体費用の中に含まれていることも多いです。廃棄物処分費用はそれぞれの材質ごとに単価と重量をかけ合わせて計算され、リサイクル費用と表記されることもあります。

見積書は社内で共通すると担当者による内容や金額の違いがなく、コミュニケーションをしやすくて指示を出せるようになるため効果的です。作成の流れを決めるときは担当者と打ち合わせをしてから計画を立て、予算や目的に合わせて納得をしてから依頼する必要があります。

どのような項目があるのか

建物の解体工事には廃棄物が発生し、それぞれの種類ごとに処分や撤去をする必要があります。解体費用は単価と坪数をかけ合わせたもので、見積書には準備や作業をするために必要な人員を準備したり現地で建物の状態やアスベストの調査をするための費用が加えられる仕組みです。

建物の解体工事は警備員に依頼し歩行者や車を安全な場所に誘導してもらうことや、道路使用許可やリサイクル法の届け出などを行うための費用もかかります。

工事を始める前には養生をするため、防災シートや防炎シート、防音シートを使ったり、建物の内部にあるタンスや食器棚、ベッド、衣類などを処分するための費用がかかります。

建物は解体すると健在にアスベストが含まれると環境問題になり、調査を行ってから段取りを決めたりするための人件費などの費用も必要です。重機を使うときはスムーズに作業ができますが、現場に運搬するための費用もかかります。

見積作成で注意すべきこと

解体工事の前には見積作成を行いますが、業者が小規模であれば担当者が経験と勘に基づいて出すことが多いです。この場合は金額に関する規定がなく表記が「一式20万円」などで表記され、明確にせずに依頼すると依頼した内容と違うためにトラブルが起きることもあります。

見積もりの担当者は人件費や廃棄物の処分にかかる費用、燃料費などの原価や、会社として利益を出せるように計算して決めてくることが多いです。項目が明確でないとどこまで含まれているのか分からないため、担当者と話し合って範囲を確かめトラブルが起きないようにしないといけません。

業者は見積書の作成をある程度の根拠を持ってするなら安心できますが、独断で決めてしまうとミスマッチが起きやすいです。建物の解体は規模が大きくなれば時間や費用がかかり、追加工事が必要になればさらに高くなり困ります。

業者はある程度の利益を出せるように見積書の内容を決めますが、良心的であれば詳しく説明してくれるため話し合ってみると良さそうです。また、見積書の内容を見て不審な点があれば質問し、余分に支払わずに済むように心がけると安心できます。

複数の業者の内容を比較してから決めよう

解体工事は費用が高くなり、同じ状態でも業者によって見積もりの内容が異なります。見積書は項目別にかかる費用を明記しているため複数の業者の内容を比較すると違いが分かり、どの範囲まで含むのか確かめないと作業の完了後に追加料金がかかるため注意が必要です。

解体工事をするときは複数の業者の見積もりをするとそれぞれの項目別の扱い方の違いが分かり、最適な方法を選ぶきっかけになります。作業は天候などの影響で予定通り進まないこともあり、見積もりをするときに想定して対処しやすくすると便利です。

見積もりの内容はインターネットを使えば複数の業者をその場で無料で比較できますが、安易に安いことだけで判断すると落とし穴にハマることもあります。費用は高くなっても作業完了後にトラブルが起きないと安心でき、その場しのぎに考えないようにすることが大事です。

まとめ

建物の解体工事は業者によって見積もりの内容が異なり、複数の見積書を比較してから決める必要があります。見積書は建物の解体以外にも関係する作業などで費用がかかり、項目別の範囲を確かめて決めることが大事です。業者を選ぶときはただ単に安いことだけで判断せず、安心して依頼できるか確かめ打ち合わせをしてから決めると安心できます。

コメント