カーポートの解体について

記事

カーポートの解体を検討している方もいらっしゃるでしょう。まずは、カーポートを解体する際の流れについて一通り理解しておくことで、実際に解体する時に慌てず対処することができます。カーポートの解体について詳しい内容をご紹介します。

カーポートって何かしら?

カーポートは、自宅にある車庫を意味しています。自家用車を安全に確保する場所で、雨風・強風や積雪など自然現象から車を守るために頑丈に作られています。

また、しっかりとした造りになっているため、車の安全性など考慮して、かなり工夫した造りになっていますが、自然現象によって年月が経つと劣化が目立つようになります。

定期的にメンテナスをしたり、場合によっては解体の必要性も出てくるので、その辺をきちんと理解しておくべきですし、解体のタイミングなど把握しておくことが大切です。

カーポートや車庫など、自家用車を確保するために設置しているご自宅も多いですが、定期的なメンテナスなど考慮してから造るようにしましょう。どういったタイミングでカーポートの解体や撤去が必要になるのか、その辺をきちんと理解しておき、解体するタイミングや手順など把握しておくことでスムーズに対処することができるようになります。

カーポートの解体のタイミングとは?

カーポートの解体を検討するタイミングは、劣化が進んできた時です。自然災害にて損傷など大きく出た場合、修復するか解体するか色々と検討するはずですし、そのままにしておくと強風が吹いた時にカーポートの壁や板など飛んで被害が出る可能性が出るため、そういう状況になったら解体を検討した方が良いでしょう。

また、自家用車の台数が増えて現在のカーポートでは対処できない時、新たに造り直すケースです。カーポートを設置した場合の寿命は約10年ほどなので、撤去や解体を考える場合には10年過ぎた頃を検討してみるとよいです。

また、自然災害によって大きな損傷を受けた時も解体のタイミングとも言えますし、損傷の度合いによって早めに対処すべきです。そのままにしておくと大雨や強風・積雪など、いつ構造物が自家用車に落ちて傷つけるか分かりませんし、早めに解体しておくと安心して過ごすことができます。

カーポートの損傷の度合いを見て、解体のタイミングを検討するようにしましょう。

カーポートの解体をする前にすべきこと

カーポートの解体を行う場合、その前にはまず自家用車を移動して、屋根や内装など撤去しておきましょう。カーポートを撤去する場合には、屋根から取り外していくため、内装などあると雨風により内装物が吹き飛んでしまい、色々と被害が出ても困りますし、しっかりと内装物は移動させたり撤去させておくと、作業する際にはスムーズに行うことができます。

カーポートの屋根を取り外して内装物の撤去・解体へと作業が進んでいくため、あらかじめ必要な物は除去しておくと安心です。解体手順は法律で義務付けられている部分もあるため、その辺はきちんと把握しておきましょう。

内装の除去が終わったら重機を使った解体工事が始まります。場所によっては重機を搬入することが難しいこともあり、その場合には手作業にて解体工事を進めていくため、重機を使用するかどうかは事前に確認しておくと、作業の流れがわかり計画的に進めることができます。

カーポートの解体にかかる費用を比較しておこう

カーポートの解体にかかる費用は気になる部分でしょう。カーポートの解体が終わったら、埋め戻し作業と不要物のゴミ処理と清掃作業も必要になります。

埋め戻し作業は、カーポートが建っていた部分の土地部分を元の状態に戻すことです。土でしたら地面をならしたり、コンクリートの場合は砂利を入れてからコンクリートを流して固めるなどの作業が必要になります。

また、解体作業時に出たゴミの撤去作業が必要になり、粗大ゴミ・廃材など費用が発生します。こうした一連のカーポート解体作業の流れは、解体業者へ依頼して作業を行うことになりますが、費用相場を各々見積もりを取り寄せておき、比較してみることが重要です。

約5社など複数社から見積もりを取り寄せてから比較してみると、おおよその解体費用の相場価格が把握することができます。

アフターフォローも充実している業社を見つけて依頼してみると良いでしょう。費用はさほど変化がないケースがほとんどなため、信頼できる業社を見つけることが重要です。

まとめ

カーポートの解体を検討しているようでしたら、まず解体作業の流れを把握しておきましょう。そして一連の流れを理解しておき、解体業社へ連絡して費用など見積もりを複数者から取り寄せて比較してみるべきです。

アフターフォローなども確認しておき、どのような作業でカーポートの解体を行うのか確認し、信頼できる業社へ依頼することが何より大切になりますし、安心して作業を行う解体業者を見つけるようにしましょう。

コメント