解体工事に関することについて

記事

これから解体工事をご検討されている場合、解体工事をトラブルなど上手に行うためのコツなどいくつか知っておくと安心して業者を選んで依頼することができます。 いくつかご紹介するので参考にして下さい。

解体工事業者の選び方とは

電卓

これから解体工事をご検討される場合、事前に業者選びをきちんと理解しておきましょう。適正な料金で工事を請け負ってくれるかどうか、その分をしっかりと見極める必要があります。

なので、いくつか見積もりを請求して比較してみることは重要です。

解体工事業者の見積もりを請求する際に公式サイトをチェックして、工事の実績や事例など事前に確認できるかも重要になります。今まで多くの実績を請け負っているようでしたら、公式サイトの方に事例としていくつか紹介してあることも多々あるので、まずは判断材料になります。

それ以外には、解体工事に関する許可証一式を提示しているか。これも悪質か良質業者か判断する上で重要になるので、確認しておくべきです。

解体工事を行った後は、廃棄物の運搬も行うため、そういった許可書の保持も必要になるため、解体業を営むための許可証・廃棄物収集運搬の許可証を持っているかも重要になります。

解体工事業者の契約する上でチェックすべき部分とは

チェックシート

解体工事業者の契約をする上でチェックすべき部分は、契約書をきちんと書面で準備してくれるかどうか、口約束では曖昧になってしまい、やはりきちんと契約したことにはならないため、書面にて契約を行う必要があります。

そういう部分をきちんと手続きした上で着工するのかどうか、事前に確認してみましょう。

どんなに解体工事の見積もり価格が安かったとしても、後で追加料金として請求されることもあるため事前にハッキリと書面にて契約書を作成することは大切になります。

公式サイトに会社の所在地の明記・代表者の表示・会社情報の確認などが公式サイトに掲載されているのも重要です。きちんと会社として運営していますし、今まで請け負って作業を行っていることも確認できるので、こうした部分をチェックしておきましょう。

解体工事を着手した後の対応について

男性

解体工事が着手すると、ご近所への配慮も必要になります。解体工事業者が近隣へご挨拶へ行くなど、きちんと配慮ができるかどうかも重要な判断基準になります。

やはりそういった細かい部分の配慮が行き届く業者か、事前に契約前に確認しておきましょう。

建設会社へ解体工事について依頼すると、下請け業者や関連会社へ依頼するケースが多々あるので、費用が通常より紹介料としてプラスされることがあります。

よって、きちんと家屋解体工事専門業者へ依頼しているかどうか、その部分はハッキリとご自身で確認すべきです。

また、家屋解体工事専門業者が分からない時には、市の相談窓口へ行くと適任者がアドバイスして下さるので、ご自身で判断するのではなく、きちんと窓口で相談することも重要なポイントになります。

解体工事の認可・許可をとった業者が行うため、登録している業者を紹介して下さるので、色々とサービスを活用してみましょう。

解体工事費用の見積もりをきちんと判断する!

お金と電卓

やはり重要になるのは、解体工事の適切な見積もりかどうか、きちんと判断することは重要になります。あまりにも安すぎる業者ですと、手抜き工事はもちろんですが、書面を作成しなかったり、不法投棄など悪質なケースも多々あるので、あまりにも安すぎるような業者は避けるべきです。

また、書面にてきちんと説明を行わないような業者は悪質なケースも多々あるので、そういった部分をご自身で判断できるよう、いくつか解体工事業者へ依頼して見積もり請求して比較することは重要なポイントです。

何がどう違うのか、判断することができるので、まずは見積もり請求してみることは重要になります。また、解体工事が終わった後は建物滅失登記を提出することになるため、そういった書面を含め、作成してもらえるのかなど、適切な対応を行ってくれる業者を選んで解体工事業者を選ぶことは重要になります。

かなり周辺にもご迷惑をかけることになるため、クレーム対応がきちんと行われるか、万が一のために解体工事時に保険の加入について、総合的に業者へ確認しておくことで安心感を得られます。

そして、決められた期限内にきちんと解体工事が終了することができるか、その点もしっかり確認しておきましょう。

まとめ

解体工事業者を選ぶ場合には、きちんと家屋解体専門業者かどうか、判断することは重要です。

建設業者へ依頼すると下請けや関連会社へ依頼することになるため、その分の紹介料を取られることになり、料金が余計にプラスされることになります。

そういった手数料を削減するためにも、きちんとした解体工事業者を見極めることは必要です。解体工事専門業者と認定された業者を市へ相談すると紹介してくれるので、色々なサービスを活用してみましょう。

コメント