解体工事に多いトラブルとは?

記事

解体工事を行う業者とその近隣住民とトラブルになる事例について紹介をしていくとともに、解体工事を行う事業者はどのような対策を取ることが望ましいかについて説明をしていきたいと思います。

その上で住民側も海底工事において、どのようなトラブルに見舞われるかを把握して頂ければ幸いです。

工事会社からのあいさつが無いことによるトラブル

女性

工事会社は本来ですと解体を伴う工事においては、近隣住民となる方々にあいさつ回りをしなければなりません。これは、解体に伴う騒音の発生があり、その騒音について許容をして頂くことが縦横であるということです。

これを怠った場合、考えれるケースや事例から発生した事件ですと、騒音が発生することを知らせなかったために解体業者が訴えられるという事例がありました。

これは、住民側からしてみれば、何の相談も無しに工事を始め出した上で、騒音が発生することを知らなかったが故に、住民が十分な睡眠を得ることが出来ないということで訴え出た事例です。

なお住民は夜間に仕事をする方であったため、訴え出た際訴えが通ったのです。

対策については、住民によっては夜間に仕事をする方もいることを踏まえた上で、防音版を設置して解体工事から発生する音が漏れださないようにするなどの対策を解体業者側は行う必要性があり、この防音設備の設置を怠ると訴えられる可能性が高くなります。

隣接している住宅と解体資材が接触したことによる住宅の損傷

家の模型

解体工事において、近隣の住民の自宅と接触をすることがあります。ただ単に接触をしただけであれば問題は無いのですが、大きな過失を問われることもあります。

例えば、解体資材が誤って近隣住民の外壁と接触し、外壁を損傷させた場合、その行為を自宅に住む住民または近隣住民が目撃した場合、解体業者側は責任を負う必要性があります。

その上で、住民が解体工事で外壁が損傷したという証拠を提出した場合、それを認めなければならないこともあります。

住民の住居によっては監視カメラを導入している家庭もあり、監視カメラが解体業者が住宅の外壁を損傷させている様子をとらえていた場合、責任を負うだけの証拠となるため、責任はからは逃れないということです。

この場合、対策については接触をした場合においては責任を解体業者が追うことと、解体作業時に外壁を傷つけることなく作業を行うことが出来るスペースの確保が重要となりますが、中には十分に作業スペースを確保できない場合もあり、そうした場合は作業員一人一人が注意をもって作業に当たるしか解決法は無いです。

解体工事の範囲を誤って工事を進めてしまうトラブル

解体

解体作業において自宅の他敷地内の建造物を解体する作業において、間違った解体範囲にて解体作業を行い、本来取り壊す必要性がないものを解体したというトラブルがあります。

この問題については、事前に解体事業者と解体を望む側の依頼人が、解体範囲をきちんと意思疎通により伝えていないことが大きなトラブルとなります。

この問題については、解体事業者が見積もりを作成する上で解体エリアを記載するなどの気配りをすることで、解体を望む依頼人に分かりやすく説明をすることで理解して頂き、解体に臨むのが正しいです。

逆に見積書などで解体範囲が書かれていない場合、どの程度のエリアを解体するかと言う証拠にもならないので、依頼人からしてみれば、証拠を残さず作業をする業者であると疑われても仕方がないと言えます。

工事の許可証を取得していないことで起きるトラブル

女性

本来住居等建築物を解体する場合、建設業許可及び解体工事業登録をした会社が工事を請け負うことが出来るのが決まりです。

しかしながらこれら許可証を取得せずに、無認可で工事を請け負う事業者と言う物も存在します。

この場合、問題となるのは工事を行うだけの技術がある事業者であるかどうかが免許を取得していないが故、分らないことと、依頼人側も相手が免許を持っていないことを知っていた場合、市などの条例に触れてしまう場合、住民側も処罰対象となります。

その為事前に許可証を確認したり、工事を請け負うだけの資格を有しているものであるかどうかを、依頼者に提示して依頼人を安心させる必要性が解体工事業者に求められます。

これらの許可証の提示や、身分や資格証の提示を拒む会社、見積もりや依頼時において定時を拒む場合、住民側はトラブルに巻き込まれる可能性が高いため、工事の依頼をすることを取りやめた方が安全であると言えます。

何故なら、安全上の装備などの他、従業員に対する安全について責任を負う立場の者がいない可能性があり、自己が発生した場合、責任を放棄して逃げる可能性も否定できないのです。

逆に免許を取得しており、許可証を持つものは責任から逃げることは許されないので、安全を重視した環境下で仕事をする必要性があるのです。

まとめ

解体業におけるトラブルですが、住民側と揉める要因は、事業者が無許可であったり、工事範囲を把握していない、住民の住居を損傷させるなどが挙げられます。

その上で住民側は騒音にも悩まされているため、トラブルが生じてしまうのです。その為解体工事業者に求められるのは、免許と許可証の他安全管理が求められ、騒音が発生しない環境を作り上げることが重要となります。

コメント